ガラスの破片物語 Misuna's Diary

ガラスの破片物語

2013.12.11(20:29)


小さい頃、親戚のお姉ちゃんが小さなガラスのかけらを「宝石みたいでしょう?」と言って見せてくれたことがある。

小さいながらも「いいなぁ~綺麗だなぁ~。私も欲しいなぁ」と憧れ、私もガラスのかけらを拾ってきて母に「綺麗でしょう?」と見せたことがあった。



けど母は、「ガラスは危ないから捨ててきなさい」と言って、しぶしぶ私は素直に捨てたのでした。



先日、ついそんなことを思い出してしまうようなことが起こったのだ。



ダイがガラスの破片を拾ってきて、

「サファイヤみたいでしょう?エメラルドみたいでしょう?」

と嬉しそうに報告してきたのだ。




汚いガラスを見て「ウゲッ!」と思いながらも

「ホントだ!綺麗だね~♪でも、ガラスは手を切るんだよ、危ないよ、捨ててきな~」

と言った。




なのに!



なのに!







綺麗に洗って、しかも、こんなにたくさん増えている~!


image111_201312111033355fb.jpg





ナゼうちの子たちは、言う事聞かないんだろ~?











関連記事



↓いつもクリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ 2006年4月~07年3月生まれの子へ

↑読んだよ~♪の変わりに
クリックして下さると
とっても嬉しいです。









<<親子クッキング | ホームへ | ユウ兄ちゃんのポテトチップス>>

コメント:
えー ステキじゃないですかあ!

大きくなったら、宝!のつく石もいっぱい買えるようになるとよいねー
[2013/12/18 13:45] | こうちゃ #- | [edit]
名前が途中で切れてしまいました

紅茶より
[2013/12/18 13:46] | こうちゃんのかあちゃん #- | [edit]
なるほど!今から宝のつく石に目覚めさせとけば将来は・・・

宝石採堀士?


(笑)

将来は本物をプレゼント♪して欲しいわ(*^_^*)
[2013/12/19 17:45] | misuna #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://misunadiary.blog.fc2.com/tb.php/212-182ffb54
| ホームへ |
カテゴリ
☆広告☆






ランキング
リンク
最新コメント